愛知県岡崎市にある日本プロセラピスト協会(JPTA)では、自分自身のスキルアップのみに留まらず相手のために本気で力を尽くす心を育てます。

メンタリングマナーとは?
メンタリングマナーとは、経済誌「フォーチュン」などに名を連ねる世界的企業が導入している人材育成法を、日本で初めてプログラム化したものです。一般的なマナー研修とは比較にならないほどの圧倒的な成果、結果をもたらします。その由縁は、マナースキルという「やり方」だけではなく、「心豊かに生きる」という「あり方」を体系化し、お客様や関わる人達に感動を与える接遇と、社員・スタッフが自ら大きな気づきを得ることのできるカリキュラムにあります。相互支援型の関係性を築くことが、エクセレントサービスの提供へ繋がってゆく。これこそが今後の企業成長、人材育成の根幹となるでしょう。
成果・結果の為の企業組織に求められる3つのベースとチーム力
メンタリングマナー研修の効果と狙い
社員・スタッフ一人ひとりの潜在能力を引き出す
自発的に仕事に取り組む姿勢に変わる
たとえネガティブな問題に直面しても、自らリカバリーできるようになる
仕事に対する本気度が変わり、モチベーションが上がる
社内で相互支援を行うことにより、会社の雰囲気が明るくなる
 顧客や社員同士のコミュニケーションが円滑になる
お客様からの評価が劇的にアップ
お客様から感謝、感動の言葉をいただけるようになる
お客様が「ファン」となり、購入・来店数が増加する
商品・サービスのリピート率が上がり、売上が向上する
組織の活性化
 個人能力向上に伴い、仕事の効率化・問題対応能力向上、企画力・営業力が向上
● 職場で活躍するロールモデルにより仕事への意欲ややりがいが出来、またストレス緩和により社員の離職率が軽減
 お客様との信頼関係が出来、自社への顧客満足(CS)向上
 社内でのチーム力がまし、円滑な業務推進へとつながる
一般的なマナー研修とメンタリングマナー研修はマナーに対する「原点」が違います
一般的なマナー研修
教えることは主に「接遇」「ビジネスマナー」
挨拶、言葉遣い、電話応対、立居振舞い等、スキルやテクニックのみが主流
「 こうしなければならない」「やらなければならない」というルールの延長線上にある
「 なぜ、研修を受けることが必要なのか?」が伝わらずその場しのぎの学びに終わる
メンタリングマナー研修
受講者一人ひとりの潜在能力を本気で引き出すプログラム
本気で会社や仲間、家族、お客様、社会のために貢献しようとする覚悟を育てる
心豊かに生きるための「あり方」を伝える
会社を信頼し、仲間と切磋琢磨できるマインドを育てる
人への接し方が変わるだけで、結果が変わることを実感できる
「やり方」ではなく「あり方」を浸透させることで、受講生が本気で取り組むようになる
3つの導入プラン
プラン1講師研修型
お客様が指定する会場に講師がお伺いします。企業研修では最も一般的な方法で、課題やニーズに合わせ最適なプログラムをご提案いたします。
プラン2公開研修型
当社が予め用意した専門的なプログラムに、スケジュールを合わせてご参加いただく研修スタイルです。少人数での受講を希望される際にお勧めです。
プラン3講演会型
各種イベントや社内行事などで、講師がスポット登壇する研修スタイルです。時間や内容、目的に応じた構成とフレキシブルな対応が可能です。
お問い合せはこちら