愛知県岡崎市にある日本プロセラピスト協会(JPTA)では、自分自身のスキルアップのみに留まらず相手のために本気で力を尽くす心を育てます。

ブログカテゴリー

RSS

起業社内研修


{6CFE6963-7B15-4761-9DDB-EB80B004D6AE}

{6B378006-3B3D-47AE-8B28-2833E6EDD8C7}


【社内研修】


1日(6h)の企業社内研修に入らせて頂きました。


愛知県岡崎市に5店舗、名古屋市平針に1店舗での展開をしている企業。
今回、48名が参加しての社内研修は、この企業にとっても久しぶりの試みでした。





{CBDC82EC-7613-46A6-834D-0A261AB7E465}



店舗によっては営業日が異なり、
また、パート・アルバイトの雇用も多いことで、
全員が研修などに参加するのが、難しい状況があります。


そんな状況の中で、
本格的に人財育成と接遇への取り組みをスタートします!


ここ数年で企業の店舗数が増え、
人気も知名度も上がり、
商品のブランド化も進んでいます。


10月には名古屋の新しいランドマークであるグローバルゲートに初出店します!
http://globalgate.nagoya/



ココから更に企業ブランドが確立されます。




店舗が増え、
人も増え、
商品も増え、
お客さまも増え、
やりがいが増え、
笑顔と喜びが増え、
収益もついてくる。


価値提供できることが増えれば、
企業の目指す経営と社会貢献できることも増えます。


経営の理想は、
かけ算となるビジネスの仕組みを創ること。
何より企業にとって、
ミッションやビジョンが
叶えられる経営を目指したい。



{D6D7E466-6218-4F2C-B657-C7F995A5A944}

{A5BA01C0-789C-43D4-A013-4B63BF86183D}





ですが実際には、
人が増え、
組織が大きくなれば、
トップダウンでは、
ミッション・ビジョンも浸透しにくくなります。


組織全員が同じ志を持ち、
同じ目的を目指し一丸となって仕事に取り組むには、


普段から社内での人間関係を構築し、
組織の理念を理解し、
共有できる環境を整えるコトが重要です。


また、企業価値である商品・サービスの「資産価値」も社員一人ひとりが考えるチカラを持つことも同じように必要なコトだと感じます。



{EB31191A-9535-40E4-ABF3-8FDC9DEBEDD9}

{A61C7043-AA06-450B-B0C0-5F6CF498D730}





だからこそ、
人財育成が必要になります。


自立(律)社員の創造には、
普段からのコミュニケーションや、


・お互いが気持ちよく仕事に取り組むための、
ビジネスのルールとマナーを実践する環境を整ることや、


協働する意欲が、


働く喜びとやりがいを育むことへと繋がります。




社内での意思の疎通、
業務の連携・連絡、
業務改善への取り組み、
業務の効率化・向上、
接遇の向上等々は、


企業が1番推進したい企業価値の創造と提供、収益向上のため。


何より長く愛され続ける企業となるため。


そのために、
一人ひとりが企業の顔であることの認識を持ち、
お互いが気持ちよく仕事できるためのマナーや感謝の心が何よりも大切です。




「メンタリングマナー®︎」とは、
世界最高峰といわれるメンタリング人財育成法とビジネスマナーを融合した研修。


ビジネスマナーの手法テクニックなどの「やり方」だけではなく、仕事の基本姿勢「あり方」を同時に知り・磨く習慣を創る研修なのです。


大切なのは、「あり方」を磨き、「やり方」を知り、「実践・行動」するチカラを創る。


個々の人間力を上げることが、企業成長にとって重要なポイントです。


やりがいを持てる、
愛される組織づくりが今求められているのです。


2017-09-21 09:00:00

メンタリングマナー®企業研修


{3D686C5F-1F21-486B-A525-A9F717E8D4D6}

{56789478-C0F3-40C2-9F40-DE69A4B12C28}


【企業研修】
先日、沖縄一部上場企業でのメンタリングマナー®︎研修をさせていただきました。
2日間で60名の支店次長の方達向けの「リーダーシップトレーニング」。
3時間の内容は、、、
1. サービスが競争優位そのものになる時代
(1) おもてなし規格認証(経済産業省)が示すソフト強化
(2)「プレミアムフライデー」働き方改革の一つの提案
(3AI(人工知能)の発展


2. サービスの見える化
(1) メンタリングマナーの必要性
(2) サービスのモデル化 組織力を高める


3. サービスと顧客満足(CS)の本質
(1) 顧客満足の定義
(2) お客様は満足が当たり前(事前期待)
(3) 事前期待をマネジメントする


4. CS向上のポイント
(1) 相互信頼関係を目指す
(2) 価値基準を創る「CS行動指針」





{80B3CBD2-81CE-4D02-9357-14FF27000C54}



どんなビジネスにおいても、
考え方、捉え方、思い込み方が
人との信頼関係のみならず、
技術・企画・営業・マネジメント、
業務効率や向上にさえ、
大きく左右します。





{BEFA4093-61C3-48B2-B999-ED12ADED76A7}

{85E8F5F5-55A5-4AF1-98CA-467382333AD4}



心のあり方を、
やり方(方法論)やスキルよりも、
まずは先に持ち備えていることが必要です。



逆に、
心のあり方をビジネスの土台として持つことで、
今までのやり方(方法論)やスキルも活かせる様になると考えています。




あり方とは、
そもそも人それぞれが持ち備えているものです。


日々学び、気づき、経験する中で磨かれたり、
見失ったり…。




メンタリングマナー®︎研修は、
やり方(方法論)だけではなく、
あり方に気づく・磨くことからはじめます。


人の能力と可能性は無限大です。
可能性が広がり、
人との関わりが変われば、
ビジネスは変わります。



{962F81A5-0027-4FEE-AF91-973FE4007437}

{D1686175-4AFD-4D6F-A27E-4FA0627B8A68}





サービスの向上を目指すのは、
お客さまとの関係だけではなく、
社員同士、
社内外を問わず
信頼と安心が更に深まり、



出逢った人全てが、笑顔と喜びを分かち合える会社創りを目指すもの。


そこには必ず、
思いやり精神が活きてこそだと感じます。


どんな業種の企業や起業家、
セラピストサロン・スクール
もビジネスのあり方は同じ。


長く愛される企業・起業を目指す❗️

そのためにできることはいくらでもあります。


あり方を持ち備え、
やり方とスキルを磨き、
智慧を集める。


ビジネスとサービスの基本は、

変わらない。


人が喜びと笑顔で、
やりがいを持ち、
長く愛される企業・起業を目指す❗️







企業の自立社員の創造
メンタリングマナー®︎
http://www.mentoring-manner.com/





今を豊かに生きる喜びを提案 
セラピスト人財育成エキスパート http://www.protherapist.or.jp/
2017-09-08 09:00:00

資産となる商品を創る


{3201147E-B0AF-46EE-B0E8-0600CBE5171D}
 
 
{26070173-356C-49B3-88FF-03A3316C8294}
 
 
 
 
【総会】
 
昨日は、株式会社サンクレールさまの社員総会に出席させていただきました。
 
総会は、
下村 泰広社長の会社への想い、
社員への想いから始まりました。

グランクレールのクリームパンは、行列ができるほどの人気商品…

ある日、出来たてのクリームパンを食べさせたいとの申し入れがありました。
1人のお身体の不自由なお客さまに関わる介護職員からの切なる思い。

その思いを受け取り、
社員が一丸となって、出来たて熱々のクリームパンをたった1人のお客さまに食べさせたい!
 
想いが叶い、
クリームパンを食べて頂くことができた時、
喜びはお客さまや介護職員だけではなく、
グランクレールの社員や社長、関わった全ての人の幸福感へと繋がりました。
 
パンを通してお客さまと社員が共に喜びと笑顔を分かち合える会社を創りたいと語っている社長の姿が、とても印象深い総会でした。
 
 
 
{3C72F3A9-C0BC-4A3C-81F9-40E1277334BB}
 
 
社長の想いが、
マネージャーや店長にも伝播し、
社員一丸となってココから新たな
サンクレール・グランクレール・ベーカーハウス・テーブルへと生まれ変わります。

その一端をサポートさせて頂けることは、ありがたい限りです。

想いがある会社は、
社員にもお客さまにもその想いが伝播し、
やがて広がり始めます。

どんなに良い商品を持っていても、
想いがなければただのモノでしたかないと感じます。

モノを商品(資産)にするには、
そのモノに対する想いがなければ伝わりません。

商品が何故、「資産」なのか?

貴方のお財布に定期的に、
継続的にお金を入れてくれるものが「資産」なのです。
また、その逆に貴方のお財布から定期的に、
継続的にお金を取っていくものは、
「負債」となるのです。

「資産」となる商品を創る。
それこそがモノでは感じ得ない価値であり、
お客さまに喜ばれる商品となります。

そんな商品を創る。
長く愛される商品、会社を創る秘訣は、
モノに想いを込める。

当たり前のことの様ですが、
それこそが一番大切なのです。
 

「当たりまえ」だと感じているうちは、
叶いません。
何故なら、「当たりまえ」だと思った瞬間に感謝がなくなるからです。

「当たりまえ」の対義語は「感謝」

「感謝」の心を持ち、
モノに想いを込める。

大切なことは、
人が携わるからこそ、
その商品に対する想いが込められる。

想いが込められた商品だからこそ、
お客さまに感動と感謝がうまれる。

商品に価値がうまれ、
長く愛される商品へと育つのです。

どんな商品・商材・サービスも同じ。
そこに想いが込められているかどうかが大切なのです。

想いをしっかりと受け取り、
19日からのメンタリングマナー®︎研修がスタートします。
 
サービスの向上を目指すのは、
お客さまとの関係だけではなく、
社員同士、
社内外を問わず
信頼と安心が更に深まり、
 
株式会社サンクレールに出逢った人全てが、笑顔と喜びを分かち合える会社創りを目指します。
 
株式会社 サンクレールは、
新たな店舗も名古屋笹島にオープン予定です。

関わらせていただく喜びを胸に、
全力で想いをカタチにするサポートをさせていただきます。
 
パンを通して、
笑顔と幸せの食卓作り
株式会社サンクレール・グランクレール
http://gurankure-ru.com/
 
 
 
{76EF5A2E-6BA0-4834-B71A-FD4CBF9F9CBD}
 
{C8436026-FC82-4937-8B1A-87D0F3A03F3B}
 
 
 
今を豊かに生きる喜びを提案セラピスト人財育成エキスパート 
http://www.protherapist.or.jp/
 
 
 
名古屋セラピスト&起業家ランチ交流会 
https://www.reservestock.jp/events/210789
 
 
無料メルマガ
プロセラピスト便り
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/16592
2017-09-06 09:00:00

おもてなしの手前


おもてなし

昨年から、経済産業省が推奨する「おもてなし規格認証」とは、おもてなしの見える化を表すもので、経済産業省からのおもてなし三つ星なるぬ四つ星のお墨付きが貰えるチャンスでもあります。

みなさん ご存知でしたか?
https://www.service-design.jp/


まだまだ認知度が低いですが、ニュースでも何度か取り上げられている「おもてなし規格認証」

三つ星なるぬ四つ星の1番したの一つ星である紅認証はネットで自己診断の基に取得が可能です。

今のうちに取得するコトをお勧めします。

ところで、、、
そもそも、おもてなしとはどんな接遇サービスを指すのでしょうか?

おもてなしの接遇サービスを受け取る側が
満足以上のものを得られなければおもてなしを受けたとは感じられません。
受け取る側はそれぞれの感性や価値観からの判断になりますから、全ての人に満足以上を感じて貰うのは難しいと思いませんか?
ですが、もしそれがいつも出来ていたらどうでしょうか?

おもてなし

お客さまは満足以上を受け取り、
またお店に来てくれるようになりませんか?

更には口コミで人にも伝えてくれるようになったらどうでしょうか?

貴方が提供している商品やサービスを

もしも貴方が受け取る側だったとしましょう。

ぎこちなくても、
一生懸命で、
満面の笑顔で、
何かお役に立てることはないだろうか?
お客さまの不便は何だろう?
自分がお客さまの立場だったらどうだろう?

いつもお客さまの立場にたち、
自分ごととして捉えてくれたら、

どんな気持ちになるでしょうか?

人の温かさを感じたときに、
人は感謝と感動を
感じずにはいられないと思うのです。


お客さまも1人の人としての温かな接遇サービスを受け取りたいのです。


どんな商品もサービスも人が生みだしたもの。
企画も商品開発も商品を作るのも人。
営業も販売も人なんですよね。

人が創りだすものは、
創り手により、
販売する人により、
変わります。

1番大切なのは、
人の温もり。
人を思い、
人に寄り添いう心だと思うのです。


おもてなし


おもてなしとは、
その手前に、
人に寄り添う思いやりの気持ちと行動ではないでしょうか。

手前にあるあり方がなければ、
人は温もりを感じない。

温もりがなければ、
おもてなしはただの表現でしかないものに見えてしまいます。

大事なのは、


何かお役に立てることはないだろうか?
お客さまの不便は何だろう?
自分がお客さまの立場だったらどうだろう?


いつもお客さまの立場にたち、
自分ごととして捉えるあり方。


人の温かさを感じたときに、
人は感謝と感動を
感じずにはいられないと思うのです。


8月10日 名古屋で接遇サービスのあり方をお伝えします。
実は、接遇サービスは、人間関係だけではなく、
人材育成にもチカラを発揮します。
そんな話もさせて頂きます。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://smart.reservestock.jp/event_form/190492

2017-08-08 15:57:43

メンタリングマナーガイダンス 名古屋第3弾開催


{4B958457-69D5-4735-A481-1D72FFCC0BBA}

【ガイダンス】


昨日は、
株式会社 LEGEND PROJECT 
代表取締役 東橋達矢さんに主催いただき、
名古屋メンタリングマナー®︎ガイダンス 
第3弾を開催!


まずは、メンタリングマナー®︎を知っていただく機会をつくっています。



{F837D790-BE79-4C22-B063-2FC381C7BBC5}



経済産業省が取り組む「おもてなし規格認証」
厚生労働省が勧める「メンター制度助成金」など、


今や日本の企業に求めれるているものは、


如何に社員が働きやすい環境を整え、離職率を減らし、社会貢献できる継続する会社組織を創ることができるのか。


そこには、技術や商品力などのハード面だけではなく、サービスなどのソフト面の強化が、大きな注目を集める流れへと変わってきました。


そこから始まるガイダンス。


接遇やビジネスマナーは、それだけではやり方に過ぎませんが、
「信頼と安心」を得る方法として活用出来ることは間違いありません。


そこにメンタリング人財育成法を融合した、メンタリングマナー®︎は、


方法論にプラス、
あり方を知り磨き、 


信頼関係とその手前のコミュニケーションを円滑にする手段へと繋がります。


企業の商品も企画も営業も、
サービスも、
全ては人が創り出しています。


ならばその人を動かすことで、
商品力も営業力もサービス力も変わります。



{B6AB5A4A-1756-4C74-A443-C3CFA0E41A87}



気づける環境と
お互いが助け合いと切磋琢磨できるチームがあれば、
人は今までと違うあり方を知り、
人を思いやり、行動をおこす。


メンタリングマナー®︎は、
そのきっかけを創る手段として、
早い段階で人の変化を起こします。


今までの成果からも強く感じています。


人の可能性は無限大で、
人の笑顔が何よりもやる気と本気を引き出せるとも感じています。


企業研修でも、
セラピストのビジネスプログラムでも伝える 
「セラピストマインド®︎(思いやり精神)」が必ず人の能力開花に繋がると信じています。


メンタリング人財育成法とビジネスマナーの融合『メンタリングマナー®︎』を話すわたしが1番勇気と元気を頂いています。




次回は、8月10日 名古屋で開催‼️

2017-07-04 09:00:00

1 2 次へ